FX ~波の探求~

ドル・ユーロ・円の三大通貨を取引するFXブログです

初めに

当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

 

ご覧いただいてる皆様、星を頂ける皆様に厚く御礼申し上げます。

 

■初めに

当ブログにつきましては、管理人の日記代わりに書いているものですので、詳細な解説は致しておりません。

手法の解説、エントリーポイントの記述もございません。

日々、相場をどのように捉えて、同様に対応したかの記録となっています。

もし、皆様の投資の参考になれば、幸いです。

 

お見苦しい点が多々あるかと思います。

ご容赦ください。

 

皆様の投資Lifeに幸多からんことを祈って。

 

※追記

■チャート設定

 

移動平均線

・各時間足にSMA20を設定。下位の時間足に表示しています。

→グレー一点鎖線:週足SMA20

→ブラック点線:日足SMA20

→レッド線:H4-SMA20

→ブルー線:H1-SMA20

→ピンク線:M15-SMA20

移動平均線考え方

これ自体がレジスタンス、サポートラインになるとは思いませんが、市場参加者の多くが20前後の平均線を表示、参考にしていると考えると、エントリーの目安になる可能性があります。

エントリーは、実際にプライスアクションをみて判断します。

 

●ライン

・以下のラインを表示しています。

高安のラインは、実際にレジスタンス、サポートされた事実のライン。なので、またここでレジスタンス、サポートされる可能性があると考えます。

ある程度長い時間足で、判断しています。

→レッド点線:年足高安

グリーンライン:前月高安

→パープルライン:前週高安

 

●ブロック

・各足の節目になるところはブロックで表示しています。節目はある程度ゾーンになるという考えからです。

→ピンクブロック:日足節目

→グリーンブロック:H4節目

→ブルーブロック:H1節目

 

大まかに、この三つをエントリーの背景として考えます。

 

以上、チャート設定になります。

                               当ブログ管理人

 

20240522 USDJPY

20240522 USDJPY

■環境認識

▼H4

●前日まで

①チャネルの中を上昇継続中→②TB形成。

③前日の高値試しで③のレンジになった→大きくはブレイク待ち。

但し、基本的には前週高値より上は、日銀介入のリスクがあるので参加するトレーダーは少ないだろう。

リスクが少ない狙い方は、③のレンジ下限からの買い、前週高値より上に抜けてきた場合は短時間で。

●目線

日足は下、H4は上。

●買いポイント

・③ブレイク待ちでH1クラスの波狙い。レンジ下限からの買い。

●売りポイント

・③上限からの売り、レンジ上の日足節目レジスタンス売り。

▼H1

●前日まで

上昇からH4クラスの前週高値試しでレジスタンスされた。H1クラスでは再度高値試しがあるだろう→レジスタンスされれば②~③のレンジになる可能性。

●目線

H1は上。

●本日のトレーディングレンジ

上段:①日足節目~②前週高値

中段:②~③155.5付近の節目

下段:③~④前週安値

■戦略、シナリオ

●戦略

・基本戦略は②~③のレンジ戦略

●買いシナリオ

・③レンジ下限からの買い。

・②上抜けで日足節目に向かって買い→但し、日銀介入のリスクでフォローない可能性あり。

●売りシナリオ

・②高値からの売りは押し目買い税の参入の可能性あり。

・③下抜けで④に向かって戻り売り。

20240517 USDJPY

20240517 USDJPY

■環境認識

▼H4

●前日まで

①上昇で高値を試したが②高値切り下げ。

今後は、③より上の売り圧力が見えたため、④のレンジになる可能性あり。

現在は日足クラスの流れになっているため、方向性が見えるにはやや時間がかかるだろう。

●目線

日足は下、H4は上。

●買いポイント

・④レンジ戦略、③抜けで日足節目に向かって上昇。

●売りポイント

・④レンジ戦略。

▼H1

●前日まで

②~③のレンジ形成。

前日は④の上昇でレンジ上限を試す展開。

②~③は値幅があるためH1クラスのトレンドフォローが可能。

●目線

H1は上。

●本日のトレーディングレンジ

上段:①日足節目~②前週高値

下段:②~③前週安値

■戦略、シナリオ

●戦略

・基本戦略は②~③のレンジ戦略。

・②上抜けで①への上昇フォロー。

●買いシナリオ

・前日④の上昇のフォローを短時間で。

・③レンジ下限付近からの買い。

・②上抜けで①への上昇押し目買い→売り圧力が高いので短時間で。

●売りシナリオ

・基本的には買い圧力が高いので、下降後のフォロー狙い。

USDJPY

20240515 USDJPY

■環境認識

▼H4

●前日まで

押し目からの上昇継続→②H4節目上抜け、目線転換。

買い優勢だが、上昇へのフォローは弱い。

→日足節目への試しの上昇になるが、高値掴みに注意が必要。

●目線

日足は下、H4以下は上。

●買いポイント

・①上昇の押し目買い。但し、市場は慎重になっているので上昇へのフォローが弱い可能性、高値掴みに注意。

●売りポイント

・基本的に売りはないが、急落からの戻り売りに対応。

▼H1

●前日まで

前日はH4節目を抜けて、次のターゲットは日足節目になった。

但し、長期勢の参入が少ないようで、上昇の力は弱い→高値での日銀介入への警戒感だと思われる→今後上昇してもフォローが弱く、思ったほど伸びない可能性あり→短時間での対応必要。

●目線

上。

●本日のトレーディングレンジ

上段:①日足節目~②前週高値

下段:②~③前週安値

●指標発表等

・CPI

■戦略、シナリオ

●戦略

・基本戦略は上昇のフォロー。

※本日はCPIの発表ありでもみ合いなら静観。

●買いシナリオ

押し目からの高値試しの上昇狙い。

・高値更新からの買いは短期で決済。

●売りシナリオ

・急落からの戻り売り対応。

 

20240514 USDJPY

20240514 USDJPY

■環境認識

▼H4

●前日まで

押し目からの上昇継続→前日は前週高値を上抜け。

上昇は強いが、高値圏は日銀の介入警戒で大きなフォローはないようだ。

ここから上は日足の節目が次の目標になるだろうが、買いには注意が必要なエリアになってきた。

H4節目を上抜けでテクニカル的には目線が転換する。

●目線

下。

●買いポイント

・①上昇の押し目買い→H4節目に注意。

●売りポイント

・H4節目レジスタンス売り。

▼H1

●前日まで

②のもみ合いは上抜け→H4節目をこのまま上抜けるかがポイント。

本日は米国PPI発表あり→待ちでもみ合いになる可能性あり。

●目線

H1は上。

●本日のトレーディングレンジ

上段:①日足節目~②前週高値

下段:②~③前週安値

●指標発表等

PPI

■戦略、シナリオ

●戦略

・基本戦略は前日までの上昇のフォロー。

→但しH4節目のレジスタンスに注意。

PPI待ちになった場合は静観。

●買いシナリオ

・上昇のフォロー

押し目買い候補は、前週高値レジサポ転換、155.5のサポートライン、H4節目上抜け押し目買い。

●売りシナリオ

・急落からの戻り売り。

20240513 USDJPY

20240513 USDJPY

■環境認識

▼H4

●前日まで

 ①前週は押し目買いの上昇→②H4節目~FR61.8付近の戻り売りポイントまで上昇、WT形成途中で終了した。

→②を抜けて高値を試すか、戻り売りで調整が入るかの場面。

テクニカル的には目線が下で売り優勢局面だが、ファンダ的には日米の金利差が縮小するまでは買い優勢局面だろう。

但し、②より上は介入のリスクがあるので、買いのフォローは難しい可能性。

●目線

下。

●買いポイント

・前週①上昇の押し目買い。

●売りポイント

・②レジスタンス売り。

▼H1

●前日まで

②のレジスタンスラインで、④のもみ合いになった。

→ブレイク待ち。

●目線

H1は上。

●本日のトレーディングレンジ

上段:①日足節目~②前週高値

下段:②~③前週安値

■戦略、シナリオ

●戦略

・④ブレイク待ち。

→④が50PIPS程度あるので、端から短期で売り買いは可能。

●買いシナリオ

・短期で④下限からの買い。

・②ブレイク押し目買い。

●売りシナリオ

・短期で④上限からの売り。

・②ブレイク戻り売り。

 

20240510 USDJPY

20240510 USDJPY

■環境認識

▼H4

●前日まで

①高値からの下降→②押し目、上昇→③H4節目+FR61.8付近到達。

→①下降の戻り売りポイント。

レジスタンスされて下降するか、上抜けして高値を試すかの場面。

前日の値動きを見ても買いは減少した模様→上にいくほど日銀介入のリスクありで警戒感が見える。

●目線

下。

●買いポイント

・②上昇の押し目買い→但し③付近のレジスタンスに注意。

●売りポイント

・①下降の戻り売り→③付近のレジスタンス売り。

▼H1

●前日まで

②付近のレジスタンスでネックラインを試したところ。

ネックラインを下抜けすればH1クラスも目線が下に転換するが、日足、H4MA、H1節目ありで押し目買いが入るポイントあり。

ネックラインでサポートされればもみ合い可能性。

●目線

上。

●本日のトレーディングレンジ

上段:①H4節目~②H4戻り高値

中段:②~③H1節目、ネックライン

下段:③~④日足節目

■戦略、シナリオ

●戦略

・上昇の押し目買い、②レジスタンスで売り。

・もみ合いなら静観。

●買いシナリオ

・上昇の押し目買い。

→H1クラスの節目サポート確認で高値試しの買い。

・②上抜けで①への買いだが、日銀介入のリスクあり→短期決済。

●売りシナリオ

・②レジスタンス売り

→高値試しを待ってWT売り。

→急落戻り売り。

 

20240509 USDJPY

20240509 USDJPY

■環境認識

▼H4

●前日まで

①高値からの下降→②押し目から上昇中→③現在はH4戻り高値~FR61.8付近。

→①の戻り目を探しているところ、H4戻り高値付近からの戻り売りがあるかどうか。

日銀介入があったことで、あまり上での買いは控えたい。但し、ファンダ的には日米の金利差がある限り基本的には円売りの流れだろう。

●目線

下。

●買いポイント

・②押し目からの上昇のフォロー。

●売りポイント

・①下降の戻り売り、H4戻り高値付近。

▼H1

●前日まで

押し目からの上昇→②H4戻り高値付近。

上昇継続するか、戻り売りが入るか、の場面。

テクニカル的には目線は下だが、日米の金利差由来の上昇なので、売りは入りにくい状況。

H4の戻り高値がある状況を考えると、一旦売られてから高値試しを狙うのが安全策。

●目線

H1は上。

●本日のトレーディングレンジ

上段:①H4節目~②H4戻り高値

中段:②~③H1節目

下段:③~④日足節目

■戦略、シナリオ

●戦略

・現在の上昇のフォロー。

・②付近でレジスタンスされれば売り。

・②より上は日銀の介入に注意。

●買いシナリオ

押し目形成で高値試しの買い。

※②H4戻り高値ありで高値掴みに注意。

●売りシナリオ

・②レジスタンス売り

→但しファンダは買い優勢で注意。