FX ~波の探求~

ドル・ユーロ・円の三大通貨を取引するFXブログです

20220808-0812 EURUSD 週間まとめ

▼H1

①~②のレンジ継続。

③雇用統計の下降は、④日足SMA20でサポート。

②レンジ下限から安値切り上げ。

但し、H4のSMA20に抑えられてレンジ形成中。

 

三角持ち合い形成。

値幅が狭まり⑤から上昇でブレイク。

→下降の起点③でレジスタンス。

下降するが、H4のSMA20でサポート。

②のレンジ下限、日足のSMA20まで落ちなかった。

→下降の力が弱くなった。

 

⑥指標で上昇。

→①抜け、⑦年足ラインまで上昇。

→レンジが一段上に、⑦~①。

 

⑦は日足クラスの戻り候補。

→①まで下降してレジサポ転換からの上昇。

 

⑧二回目の年足ラインへの試し。

→上昇失敗、H1のSMA20抜けで、利確入り下降。

→①ブレイクして下のレンジに回帰した。

 

▼M15

①~②のレンジ継続。

③の日足SMA20サポートはあるものの、④H4とH1のSMA20絡んでいるところ→値動きがはっきりしないところ。

 

●8/8

各時間のSMA20が絡むところ。

→値動きが不規則になる。

 

●8/9

三角持ち合い形成。

⑤各時間のSMA20収束。

ブレイクするが、⑥下降の起点でレジスタンス。

 

●8/10

前日の上昇→⑥でレジスタンスからの下降。

安値切り上げ→売りの力が弱まっている。

⑦もみ合い、⑧もみ合いブレイク。

⑨年足のラインまで一気に上昇。

→年足ラインは日足クラスの戻り売り候補。

→年足ラインかた逆V字で下降、M15のSMA20抜けるところが上昇の利確ポイント。

 

●8/11

前日の年足ラインからの下降→①レジサポ転換。

⑩目線転換→上、下降終了。

再度年足ラインを試すが、三尊形成して下降。

→短期利確ポイント。

⑪H1のSMA20サポート。

 

●8/12

⑪H1のSMA20サポートから上を試せば、三尊可能性だったが、上昇せずに三尊崩れて下降。

⑫H1のSMA20下に抜けたが上向き、本格的に落ちるところは、⑬H1のSMA20が下向きになったところ。

→落ちるまでの時間経過。

→中期、長期の利確ポイントで下降。

①ブレイク。

 

▼今週のポイント

●8/8のMAの並びでレンジ予測できたか。ポジションを持たなかったか。

●8/9、8/10の値幅とMAの収束でブレイクを予測できたか。

●年足ラインの強さ、H1のSMA20の向きから、下降の時間調整の予測ができたか。

 

▼エントリーポイント

①三角持ち合いブレイク。

→値幅収束、上限を抜けるところのプライスアクションで買い。

→下降の起点まで。

 

②上昇の押し目買い

→節目のレジサポ転換。

→M15のSMA20抜けるところ。

→年足ラインまで。

 

③下降の戻り売り。

→H1のSMAサポート抜け、だましの上昇、切り上げライン抜けで売り。

→H1のSMAが上向き→大きくは落ちない、スキャル。

→M5の押し安値まで。

 

④下降の戻り売り

→上昇の押し目がからの上昇が伸びていかない→買いの力が弱い。

→H1のSMA20下向き、M15のSMA20に抑えられたところネックライン抜けの戻りで売り。

→H4のSMA20まで。

 

 

 

 

 

 

 

20220808-0812 USDJPY 週間まとめ

▼H1

前週①の上昇、年足ライン②到達。

→②は日足クラスの戻り売りポイント。

③H4の戻り高値抜け、目線下→上へ転換。

②を抜けて上へ行くか、戻り売りが入るかのポイント。

 

④②の年足ラインを試しての三尊形成。

H1のSMA20サポート崩れ→中期の利確ポイント。

下降するが③のレジサポ転換、①の押し目買い。

 

押し目買いからの上昇で高値更新失敗、

戻り売りで安値更新失敗、

④~⑤のレンジ形成。

 

⑦フラッグ形成。

高値試すが更新失敗→H1のSMA20サポート崩れ→H4のWT形成。

フラッグ抜けで大きく下降。

→指標。

 

⑧年足ラインまで到達。

利確、年足ラインからの買いが入り上昇。

 

⑨H1のSMA20到達。

→戻り売りポイント、買いの利確ポイント。

 

⑩下降して年足ライン試し。

反発して⑪抜ける→H1クラスの目線転換ポイント。

上昇して⑨ライン抜け、H4クラスの目線転換ポイント。

→下降終了。

 

⑫上昇してH4のSMA20まで到達

→下降の戻り売りポイント、買いの利確ポイント。

もみ合いになって終了。

 

▼M15

●8/8

①三尊形成からの下降。

→H1のSMA20サポート崩れからの下降。

→中期の利確ポイント。

 

②戻り高値でのレジサポ転換。

③M15のSMA20サポート崩れで高値からの売りの利確ポイント。

 

●8/9

④高安更新失敗→レンジ形成。

上の年足ラインか下の戻り高値をブレイクするまでは大きく動かず。

 

⑤レンジ形成。

 

●8/10

⑥指標発表での急落。

→H4のSMA20抜けで長期の利確も入る。

 

⑦年足ラインまで下降。

 

●8/11

⑧H1とM15のラインが交差するポイント。

→戻り売りと⑦からの買いの利確ポイント。

 

⑨下降して押し安値抜け→目線転換、⑦からの上昇終了。

⑩M15のSMA20の下降サポートの継続→⑪まで下降。

 

⑪年足ラインからの反発。

⑫上昇して⑨抜け→目線転換で⑧からの下降終了。

 

●8/12

⑬上昇してH4の戻り高値抜け→⑥からの下降終了。

⑭M15のSMA20上昇サポート継続→⑮H4のSMA20まで上昇。

→H4のSMA20は戻り売りポイント→売りと買いの攻防ポイント、もみ合い終了。

 

▼今週ポイント

●8/9のレンジを予測→見送ることができたか。

●8/10の指標の急落は取れなくてもOK。

●指標の急落の先、年足ラインでの反発の予測ができたか。

 

▼エントリーポイント

①年足ラインからの戻り売り。

→高値試し、三尊形成、H1のSMA20サポート崩れ。

→中期の利確狙いの売り。

→下の節目、134.5まで。

 

②雇用統計上昇の押し目買い。

→134.5レジサポ転換、M15のSMA20の下降サポート崩れ

→下降の利確ポイント。

→H1のSMA20まで。

 

③下降の戻り売り。

→M15のSMA20サポート崩れからの売り。

→スキャル。

→下降から戻ってきたところの高値抜け、H1のSMA20まで買いもあり。

 

④下降の戻り売り。

→H1とM15のSMA20交差するところ。

→中期の利確ポイント。

→ネックライン抜けで売り。

 

⑤下降の戻り売り。

→M15のSMA20下降のサポート継続。

→月足ライン抜けたところで売り。

→年足ラインまで。

→だましで戻ってきたら撤退。

 

⑥安値からの上昇トレンド継続、目線転換→短期買い優勢。

→M15のSMA20サポート継続。

→下降がだましのヒゲになったところ、高値を抜けるところで買い。

→H4の戻り高値まで。

 

⑦上昇トレンド継続、H4の目線転換→中期買い優勢。

→M15のSMA20サポート継続。

→もみ合い、切り下げライン抜けで買い。

→H4のSMA20まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20220801-0806 EURJPY 週間まとめ

▼H1

①日足クラスの目線転換ラインを抜けて目線は下。

押し目買いからの上昇は③高値切り下げて下降。

④前回高値を抜いた節目手前で止まる。

→④を抜いて下降するか、サポートされるかの場面。

 

⑤④のゾーンの中での値動き。

→節目で売り買いの攻防。

 H1のSMA20サポートで下降しているが、買いが入って荒い値動き。

 ④ゾーン抜けで、売りの勝利で一気の下降して⑥安値到達。

 →チャネルライン到達。

 

⑥安値からの上昇、H1のSMA20サポート崩れ、下降の利確が進み上昇。

 

⑦チャネルライン付近での値動き。

→チャネルライン抜けた後は、⑧のレンジ形成。

 

⑨雇用統計市場予想上回り大きく上昇。

→⑧レンジ内の売りの損切り巻き込み。

 

▼M15

●8/1

①日足クラスの節目のゾーン→レンジ形成。

→売り買いの攻防が起こりやすいポイント。

→静観するエリア

 

●8/2

②①のエリアをブレイク→売りが勝利したポイント。

→買いの損切り巻き込み下降。

③M15のSMAの下降サポート崩れ、目線転換→短期の利確ポイント。

④H1のSMA20ブレイクで中期の利確進む→上昇。

 

●8/3

前日安値からの上昇。

⑤戻り売りポイントH4のSMA20をブレイク。

⑥チャネルライン上限からの下降。

⑦⑧抜けで短期目線転換。

→H1のSMA20でサポートされたが、方向感がなくなったので静観するポイント。

 

●8/4

①のエリアの上限に到達。

→ブレイク待ち。

⑨レンジブレイク→⑩の節目まで狙うところだが、⑪WT形成、M15のSMA20ブレイクで下降、①のエリアに戻ってきた→静観ポイント。

 

●8/5

雇用統計を控えて値動き小さ目。

→⑫レンジ形成。

雇用統計が市場予想を上回り一気に上昇した。

 

▼今週のポイント

●M15の①のエリアを挟んでの攻防。

→①のエリア内でレンジを想定でき、ポジションを持たなかったか。

●雇用統計前のレンジ予測。

→ポジションを持たなかったか。

 

▼エントリーポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20220801-0806 EURUSD 週間まとめ

▼H1

レンジ①~②継続。

レンジ上限付近まで上昇してのスタート。

 

③レンジ上限、抜けるがダマシ。

H1のSMA20サポート崩れ→レンジ下限からの買いの利確。

④H4のSMA20まで下降するがサポート崩れ→利確進む。

日足SMA20⑤まで下降した。

 

⑥日足SMA20サポートでレンジ上限へ上昇するか、下降するかの場面。

もみ合い上ヒゲ、売りの力大きく、日足SMA20ブレイクして下降。

 

⑦日足SMA20サポート崩れで⑥まで下降。

→レンジ下限試してV字で上昇。レンジ下限からの買い。

 

⑧日足とH1のSMA20に挟まれてレンジ形成。

→再度日足SMA20ブレイクしたら②のレンジ下限抜けたかも。

→⑧のレンジブレイクで上昇、レンジ上限からの売りの利確。

 

⑨レンジ高値試し。

高値切り下げのWT形成

雇用統計結果が良く下降。

 

▼M15

レンジ継続→レンジ上限付近からスタート。

 

●8/1

レンジ下限から上昇して、H1のSMA20を上抜け、レンジ上限まで上昇するかどうかの場面。

買いが優勢に見えるが、レンジ上限が近いので静観するのがいいポイント。

→レンジ戦略なら上限からの売りと下限からの買い。

 

結果H1のSMA20サポートで上昇したが、売りの力も強いので、静観するのがよかった。

 

●8/2

レンジ上限到達→抜けるか、レジスタンスするかの場面。

→仮に抜けるなら大きく動くはずなので、抜けたところのプライスアクションで買い。

→だましに注意するポイント。

①レンジブレイクするが、だましになって戻ってきた。

②M15のSMA20ブレイクで短期利確、H1のSMA20ブレイクで中期の利確と、買いの損切りで下降。

③H4のSMA20のサポート。再度高値を試すか、ブレイクするかの場面。

→M15のSMA20ガイドに下降。

→ブレイクして日足のSMA20到達。

 

●8/3

下降して日足のSMA20サポート、上昇してレンジ上限を目指すかレンジ下限を試すかの場面。

日足のSMA20からの上昇→④H1のSMA20レジスタンスされて戻り売り。

⑤戻り売り失敗で安値切り上げ→下降の利確ポイント。

⑥戻り売り失敗⑤からの上昇、H1のSMA20抜けで上昇するかと思ったが、もみ合いになった。

→レンジ真ん中付近の値動きが微妙なエリア。

 上にブレイクしたが、だましになって下降。

⑦レンジ下限を試してV字で上昇した。

 

●8/4

前日レンジ下限を試して上昇。

⑧日足とH1のSMA20に挟まれてレンジ形成。

→上に抜ければレンジ上限までの上昇が見込めるところ。

 下に抜ければ、レンジ下限でのプライスアクションを見てサポートからの買い。

→上にブレイク。

⑨⑧のレンジをブレイク、H1のSMA20試して上昇。

 

●8/5

前日の上昇でレンジ上限付近まで到達。

→①までの上昇があるかどうか。

⑩1.025に抑えられてWT形成、下降。

→M15のSMA20ブレイクして下降。

⑪H1とM15のSMA20に挟まれてレンジ形成。

→雇用統計待ち。

雇用統計結果がよく、ユーロ売られて一気に下降した。

 

▼今週ポイント

●レンジ継続でレンジ真ん中でポジションを持つことがなかったか。

●雇用統計待ちの値動きの中でポジションを持たなかったか。

 

▼エントリーポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

20220801-0806 USDJPY 週間まとめ

▼H1

①の押し安値抜けで日足クラスの目線は下→売り優勢へ転換。

②節目手前まで下降→年足ラインが絡むところなので、抜ければ大きく下降するポイント。

②のラインでサポートされるか、抜けるかがポイント。

 

③H1のSMA20をガイドに②のラインを下にブレイク。

→節目抜けで一気に下降するかと思ったが、④から上昇。

 ブレイクがだましになった。

→H1のSMA20ブレイクしたことでサポート崩れ、下降の利確進む。

 

⑤上昇してNソーンに到達→下降の戻り売りのポイント。

 

⑥⑤からの戻り売りがH1のSMA20にサポートされる。

→戻りう売りの失敗で買い優勢。逆三尊の形になり、上昇した。

 

⑦戻り高値到達、戻り売り上限付近。

WT形成、高値切り下げ→押し目買いからの上昇が失敗→買い諦め。

H1のSMA20サポート崩れから下降→買いの利確進む。

 

⑧⑦からの下降がH4のSMA20でサポート。

→H4とH1のSMA20にサンドされる。

 もみ合い形成。

 

⑨雇用統計結果が市場予想上回り大きく上昇した。

 

▼M15

●8/1

年足ライン①、強力な節目手前で②もみ合い形成。

→売り買いの攻防。

→上位の目線は下、売り優勢。

→M15のSMA20サポート崩れていたら上昇していた可能性。

 

●8/2

①のゾーンをブレイク、③ブレイク後の最後のもみ合い。

→②の買いの存切り巻き込み下降。

①のラインをブレイクしたが、④安値付近でのもみ合い。

→前回の高値付近、日足のゾーンあり。

M15のSMA20サポート崩れ、H1のSMA20のサポート崩れたことで、利確進み一気に上昇した。

 

●8/3

前日の上昇、戻り売り候補の⑤Nゾーン到達。

戻り売り候補のH4のSMA20抜け、M15のSMA20サポート。

→戻り売りポイントだが、M15のSMA20抜けるまでは買い優勢。

 M15のSMA20サポートされれば、押し目買いポイント。

⑦M15のSMA20にサポートされて上昇→押し目買いポイント。

⑧から⑨へ下降の戻り売り。

→⑨H1のSMA20サポートで上昇。

→⑦抜けで目線短期は下、但しH1のSMA20のサポート抜けなかったので、売り買いの攻防⑩発生。

⑪⑩を上にブレイク、⑩の売りの損切り巻き込み上昇。

 

●8/4

前日上昇して⑫戻り高値到達。

→ブレイクしてH4クラスの目線転換して上になるか、レジスタンスされて戻り売りがあるかのポイント。

⑬H1のSMA20まで下降→サポートされて上昇。

押し目から上昇したが、高値切り下げ、三尊形成。

→M15、H1のSMA20を下にブレイク。買いの諦めと利確進む。

 M15のSMA20ガイドに下降。

 

●8/5

前日WT形成からの下降→⑮を抜ければ、H1クラスの目線が下に切り替わるポイント。

→上昇の押し目買いのポイント。

H4のSMA20にサポートされて上昇。

⑯H4のH1のSMA20に挟まれてレンジ形成。

→雇用統計待ち。

⑰雇用統計市場予想上回り、一気に上昇した。

 

▼今週ポイント

●8/1 年足のライン付近でのもみ合いが静観できるかどうか。

●8/2 年足ラインブレイクしたが、M15とH1のSMA20サポート崩れで、だましを疑えたかどうか。

●8/3~8/4 戻り売りポイントNゾーン到達で基本戦略はレンジへ移行。Nゾーンの真ん中でポジションを持たなかったか。

●8/5 雇用統計待ちのもみ合いに手を出さなかったかどうか。

 

▼エントリーポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20220725-0729 EURJPY 週まとめ

▼H1

①三尊からの下降。上昇して③戻り高値到達からの下降。

H1クラスは④の抜けで下へ目線転換。

日足クラスは②抜けで下へ目線が転換したかどうか微妙なところ。

 

⑤の上昇の押し目買いと⑥の戻り売りの攻防するところ。

 

⑦H1のSMA20抜けで下降のサポート崩れ。

→短期、中期の利確ポイント。

 

押し目買いからの上昇。

H4のSMA20レジスタンス→戻り売りポイント。

WT形成、高値切り下げ、H1のSMA20サポート崩れネックライン割れで下降。

 

⑨高安切り下げ、下降トレンド継続。

 

⑩H1のSMA20サポート崩れ、サポレジ転換、短期、中期の利確→上昇。

その後、H4のSMA20ブレイクするがだましで下降。

 

⑪~⑭高安切り下げ、H1のSMA20下降サポート。

→⑫H1のSMA20サポート再開。

→下降トレンド継続。

→H1のSMA20下降サポート継続で下降の利確もほとんどなし。

 

⑮安値切り上げ→下降トレンド終了。

 

▼M15

 

①下降して節目到達、WB形成、H1のSMA20サポート崩れ。

→短期、中期の利確ポイント、日足のSMA20があるのでそこまで。

 

②日足、H4のSMA20にレジスタンス。

→WT形成、H1のSMA20に抑えられて下降。

 

③安値更新→下降トレンド継続。

 

④M15のSMA20サポート崩れ。

→短期の利確ポイント、H1のSMA20までの上昇を狙えるところ。

 

⑤③からの買いと、戻り売りの攻防→レンジ形成。

→H1のSMA20サポート崩れ、下降するには再度H1のSMA20の下に下降する必要。

 上昇するには、上の日足とH4のSMA20を抜ける必要あり。

 

⑥安値更新→下降トレンド継続。

 

⑦M15のSMA20下降のサポート、戻り売りポイント。

 

⑧安値更新→下降トレンド継続。

 

⑨M15のSMA20サポート崩れ→短期利確ポイント。

 

⑩H1のSMA20レジスタンス、下降サポート。

 

⑪安値切り上げ、三角持ち合い形成中。

 

▼今週のポイント

安値更新している間は下降トレンド、目線は下→基本戦略は戻り売りで対応できたか。

→前週の高値からの下降からH1クラスでは目線転換なし、週を通して基本戦略の戻り売りは変更必要なかった。

→戻りの上昇を狙うにしても短く取りに行く。

 

▼エントリーポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20220725-0729 EURUSD 週まとめ

▼H1

①下降の戻り売りの場面。

②戻り高値抜けで目線転換→買い優勢だが、③の戻り高値が強く④のレンジに。

→大きめのレンジ形成、売り買いの攻防中。

→この時点ではレンジ戦略、下限からの買いと上限からの売り。

 

⑤レンジ下限。

→WB形成からの上昇。

 

⑥日足SMA20レジスタンス、下降。

→②のレンジ下限抜けでレンジが一段下に。

 

⑦押し安値サポート。

→戻り売りで⑦抜ければ①の下降の安値付近まで下降はあった。

 

⑧戻り売りで⑦サポート確認→上昇。

→サポート確認で⑥からの下降の利確。

 

⑨上昇して元のレンジに回帰。

→⑩でサポートされれば、②~③のレンジなった可能性があったが、ブレイクして下降。

 

⑪押し安値到達。

→サポート、下降の利確で上昇。

 

▼M15

①レンジブレイクしたが、V字で戻ってきた→レンジへの回帰。

 

②日足SMA20レジスタンス、三尊形成。

→高値抑えられてレンジ上限→切り上げライン抜け、下降。

→買いの利確ポイント。

 

③レンジブレイクして押し安値到達。

→サポートされて上昇、M15のSMA20抜けで短期の利確ポイント。

 

⑤④下降の戻り売りが前回安値でサポート。

→ブレイクするがだましになって上昇→中長期の利確ポイント。

 

⑥前回のレンジ内へ上昇。

→⑦でサポートされれば上昇の可能性もあったが、日足SMA20のレジスタンス固く、③まで下降。

 

⑧逆三尊形成→③のサポートの固さ確認。

→⑥からの下降の利確ポイント。

 

⑨下降の戻り売りと⑧からの上昇の攻防。

→結果買いが勝って上昇した。

→再度前回レンジ回帰。

→この後は方向感なしで見えづらい。

 

▼今週のポイント

・レンジ戦略の使い方。

→上限からの売りと下限からの買い、真ん中では手を出さない。

→大きく二つのレンジに分かれたので、想定できていたかどうか。

→トレンドからレンジ以降の判断ができていたか。

 M15の③への下降、戻り売りで安値更新しなかったことで、方向感なくなる。

 この後確実にわかることは、M15⑧のサポートで③の強さからの上昇と、

 M15⑨のブレイクでの上昇。

 

▼エントリーポイント